ソフトバンクのiPhone6 iPhone6Plusが機種代金 10000円ほど値上げに

情報通り、ソフトバンクから発売されているiPhone6、iPhone6Plusが値上げになりました。
今までSIMフリー版が2回値上げをしてきました。

ドコモのiPhone6、iPhone6Plusも4/1より値上げをしました。ついにソフトバンクも値上げということです。
約1万円程度の値上げされると言われております。
現行の価格よりも15%ほど値上げですね。

10000円程の値上げになるとびっくりすると、思うかもしれませんが、
4月中に限り、は月月割を増額して、減額措置として対応するとのことでした。
毎月約500円ほどの月月割が増額されるとのことです。

今回の値上げの理由は、円安だからです
円が安くなるとこういうところにも影響が出るわけです。

アベノミクスの影響で円が安くなったから輸入するものに関しては価格があがるのです。

今までは企業努力だったのでしょうが、そうもいかなくなってしまったわけですね。

仕方ありませんね。そうなると他の機種の価格改定も今後あるかもわかりません。
これはiPhoneに限った話ではないので、グローバル企業が日本に輸入している機種ならすべてに当てはまるわけですね。

円が安くなったとか高くなったとか、我々は普段は円だけを使用しているので、
あまり意識していませんが、
今後このように円が安くなると海外から入ってくる品物が高くなるということは覚えておく必要があります。

逆に日本から輸出するものに関しては、海外では安くなるので、売れるようになるわけです。
結局輸出企業がもうかっているわけです。
わかりやすいのは、自動車産業ですね。

スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト