新型iPad Pro が2機種登録だそうです!

これは楽しみですね!

アップル、2018年発売予定新型iPadを2機種登録か!?

過去数ヶ月にわたって、アップルはECC(ユーラシア経済委員会)にいくつかの新しいiPad、iPhone、Macを登録し2018年秋の発売の準備しています。
これらの申請は、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、ロシアで販売される暗号化機能を含む製品には法的に必要とされ、製品の優れた指標となります。

Appleは7月にA1876、A1934、A1979、A2013、A2014を含む5つのタブレットモデルを登録しましたが、今日ConsomacはA1895とA1980の2つの新しいタブレットの認可を取得しました。
これらのほとんどは、Appleが2018年にiPad Proをリフレッシュするモデルとなる予定です。

2018年秋には、薄型ベゼル、高速プロセッサ、Face IDをサポートするTrueDepthフロントフェイスカメラなど、iPhone Xのデザイン要素をiPad Proに大幅にアップデートする予定です。
つまり、2018年秋新発売(今回の登録機種)のiPad Proモデルでは、アップルのタブレット版で初めてホームボタンのサポートが中止されることが予想されます。

Appleのアナリスト、ミンチークー氏の調査報告によると、2018年秋のiPad Proのリフレッシュは現10.5モデル⇒11インチモデルへ と現12.9モデル⇒12.9インチモデルへ の2つのサイズになると予測されています。
2つのサイズのティアとWi-Fi、Wi-Fi + Cellular、および潜在的に中国向けの特別なCellularモデルでは、7つのEECファイルからわずか1つのモデル番号が残っています。

または現2機種に追加したiPad Proモデルかもしれませんが、iPad mini 5を含むProファミリ以外のiPadのモデルにも関連する可能性があります.2017年5月の報告では、
このiPad miniのラインナップについて、Appleは正式にこのラインナップを終了するような約束をしていないと回答しました。

スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト