朗報? 総務省が携帯電話の2年縛りを廃止

総務省が携帯電話の2年縛りを廃止して通信費の高止まりに対してメスを入れることを
検討してるそうですSIMロック解除も

いわゆる何もご存じない養分様は
普通に機種変更した場合分割で端末を購入した場合
8000円程度の通信費をとられるケースになるので
家計を逼迫しているとい状況にある人も多いはずです。

それに通話料も足すとなれば1万円以上を携帯代として支払っている人も非常に多いというのが現状ですよね

その流れを解消すべく総務省がうごいているという。
まずは2年縛りという縛りを廃止。

2007年頃2年縛りの契約が一般的になり、携帯電話本体の料金が高止まりしましたが
その為携帯電話の売れ行きがイマイチとなり、国内メーカーはかなり苦戦を強いられました。

その後MNPなどの施策などで携帯電話はそれなりに売れるようになってきたが、
現在問題になっているのがMNP乞食などのMNP対策である。
解除料を払ってもMNPするほうがお得な状態に。

この2年縛りにメスを入れるということになると、
携帯電話各社はMNP時の施策などはさらに入れにくくなることは間違いないですね。
当然ながら違約金が取りにくくなるということは
1年で違約金を払わずにやめていく人もいるでしょうから

まだどのような形で2年縛りが解除されるのかは未定ですが
通信料を安く抑えた形で2年縛りをなくすとなると
携帯電話各社は嫌がるでしょうね。

また携帯電話を一定期間SIMロックされた状態で使った場合
そのロックを解除するという仕組みを入れるとの提案もあるみたいです。

現在はドコモやソフトバンクでは3000円の支払いでロック解除が可能です。

しかしそういう施策をすることにより、MNP優遇の不公平さもなくなり
今後の料金体系など徐々に見直されているのではないかと期待はできますね。

スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト